AWG商標登録画像

「AWG」「AWG-WAVE」「AWG治療」「AWG療法」は、
株式会社AWG-WAVEの関連会社である株式会社ジーウェーブの登録商標(登録番号6142688、6182256、6217436、6217437)です。
※他社が使用しますと、民事訴訟のみならず10年以下の懲役、1000万円以下の罰金。
(商標法78条)法人の場合3億円以下の罰金も科されます。(商標法82条)

AWG(段階的素粒子発生波動機) AWGWAVE

AWG(段階的素粒子発生波動機)とは

AWGとは、Arbitrary Waveform Generator(段階的波動電子発生装置)の頭文字です。

AWGは、1971年より米国・カナダ・日本の分子生物学者・医師・獣医師・物理学者・科学者・細菌学者の7名がアメリカでチームを結成して牛の人工授精の研究からスタートした医療機器です。

その後、23人の医師・大学教授・医学・薬学者の協力を得て、今日40数年の歳月を掛けて開発完成させた医療機器(クラスⅡ)です。

AWGは、2枚または4枚のパッドを身体に貼って1秒間に約6京2500兆個の素粒子(電子・エレクトロン)の束を照射します。

AWGは1~10,000Hzの間の身体に有効な69種類の周波数(Hz)の中から、症状によりいくつかの周波数を照射します。

書籍から抜粋

AWGWAVE(商品名)は、細胞に良いと言われている特別な種類の周波数を使った低周波治療器です。家庭向けに持ち運びもできるよう、コンパクトな作りとなっており、疼痛緩和(とうつうかんわ)・マッサージなどの効果を得られます。ぜひ、ご家族皆様で健康で健やかな日々の維持にお役立てください。

パッドとセラミックヘッドから優しく伝わる低周波で、細胞を活性化し心地の良いケアをします。
パッドは粘着ゲルで直接肌に貼ることができ、それ以外にセラミックヘッドを使って身体の気になる部分をピンポイントでケアすることができます。付属のリモコンで本体から離れた場所にいても、簡易操作が可能となっております。

指定管理医療機器 認証番号 第228AFBZX00108000号

AWG®(段階的素粒子発生波動機) AWGWAVE
医療・治療機器AWG

AWG-WAVE 仕様

種別機械器具 78家庭用電気治療器
名称家庭用低周波治療器 ジーウェーブ
JMDNコード70986000
医療機器認証番号228AFBZX0O108000
サイズ幅400×奥行300×高さ130mm
重量約5.45kg
電圧AC100V(50/60Hz)
消費電力8W

注意事項

  • 使用する前に必ず「取扱説明書」をよくお読みの上、正しくお使いください。
  • 病気(人)の方、身体に異常を感じている方、妊娠中の方、医師の治療を受けている方は、必ず医師とご相談の上、ご使用ください。
  • ペースメーカー、人工心肺、心電計等の医療用電子機器との併用は、誤作動を招く恐れがありますので、絶対に使用しないでください。
  • 乳幼児、高齢者、身体障害者、病人の方が使用する場合は、常に使用電圧に注意してください。
  • ペットに使用する等、本来の用途以外には使用しないでください。
  • 水につけたり、水をかけたりしないでください。
  • 使用しない時は電源プラグを抜いてください。

周波数医療の先駆け ロイヤル・レイモンド・ライフ博士

1888-1971 アメリカに誕生

ロイヤル・レイモンド・ライフ博士の画像

ロイヤル・レイモンド・ライフ博士をご存じでしょうか?
ライフ博士は、医学、微生物学、病理学、機械設計等いくつもの分野に精通した医学博士・科学者です。その発明・発見は驚異的なものばかりでした。
彼はあらゆる種類の病気を癒す方法を発見し、安全かつ確実な「がん治療」法を確立したのです。
以下、ライフ博士の発見と発明の一部です。

・1920年までに、ウィルスを生きたまま観察できる顕微鏡を完成(世界初)
・60000倍率の顕微鏡、「ユニバーサル・マイクロスコープ」を完成
 (現代の一般的な顕微鏡の倍率:1500倍)
・がんを引き起こすウィルスを特定

そのほか多数…

電子顕微鏡の倍率は最大100万倍と言われますが、観察時に電子線を使うなどの理由から微生物は死んでしまい、生きたままの観察は困難です。

これらの発明・発見は1920,30年代に生きる人々にどれほどの衝撃を与えたことでしょう。
その中でも特筆すべき功績が、彼の「がん治療法」です。
一体どのようなものだったのでしょうか?

驚くべき治療法

1934年、ライフ博士と多数の研究者によって末期がん患者の治療実験が行われました。その結果、参加した末期がん患者たち16人全員が完治しました。現代日本の末期がんの5年生存率は16%です。治癒率100%という結果は、偉業と呼ぶほかありません。

彼の治療法の根幹は、「物質の共振」です。この世に存在するすべての物質は、固有の周波数を持ちます。ライフ博士は、ウィルスも独自の振動数を持つことに注目しました。
一時期注目された、オペラ歌手がワイングラスを割る動画があります。これは、オペラ歌手の声によりグラスが共振し、最終的に振動に耐えられなくなって割れます。

ライフ博士は、これと同じことをウィルスに対して行いました。
ウィルスが持つ固有の周波数と共振する周波数を照射し、さらに大きく振動させたのです。
照射レベルを上げると、グラスと同様にウィルスが崩壊します。

この治療法の利点は、対象であるウィルス以外の細胞にはなんら害を与えないことです。
さらに、治療費も安価で済みました。かかる費用が電気代くらいだったためです。

副作用もなく、費用もそれほど掛からず治る。
夢のような治療法は、当時のメディアも大きく取り上げました。

当時、ライフ博士に共感し、同様の治療を行う医師たちは大勢いました。医学界を代表する著名な博士たちと共同研究も行っていたのです。しかし、ライフ博士の研究は途中で絶たれてしまいました…。

博士への弾圧

残念ながら、ライフ博士の研究はあまり知られていません。アメリカ医師会を牛耳るモーリス・フィッシュベイン氏らに様々な面から圧力をかけられ、潰されてしまったのです。

最初は、治療法独占権の要求でした。それを断った後、ライフ博士の研究所から研究書類や写真などが盗まれ、博士の研究を立証するためのバーネット研究所が放火されました。貴重な研究成果である顕微鏡は破壊され、5682もの部品が盗まれたのです。
最後は警察でした。令状なしで捜索・違法な没収を行い、ライフ博士の研究に関するものを全て処分したのです。

病の根絶を願い、目的のウイルスや病原菌を破壊する周波数を特定するため、長年にわたり不眠不休で研究を続けたという博士。彼の人生の成果は、一方的な圧力により闇に葬られました。
1971年、ライフ博士は、精神安定剤とアルコールの過剰摂取によりこの世を去ります。このとき83歳でした。アルコールに依存していた彼が長生きだったのは、発明した治療器の影響だったといいます。

人生を捧げた約50年の研究生活のすべてが奪われたライフ博士の悲しみ、無念はどれほどのものだったでしょう。
しかし、彼が世に送り出した治療法とその概念は、人々の健康を想う有志によって引き継がれています。
周波数医療もその一つです。

ロイヤル・レイモンド・ライフ博士 参考リンク

THINKER 抹殺されたがん治療法
http://thinker-japan.com/life.html

RIFE VIDEOS.COM
http://www.rifevideos.com